« クラフトビールと料理のマリアージュを楽しもう!  | トップページ | ぐっすり眠るための過ごし方を提案 »

2015年1月26日 (月)

建築家・隈研吾氏と左官技能士・挾土秀平氏がコラボした

2014年12月17日(木)、パリ サンドミニク通りにショコラティエ・エ・キャラメリエ 「アンリ・ルルー」のパリ3店舗目がオープンした。
1977年、創始者アンリ・ルルー氏は、愛する妻の故郷、ブルターニュ地方キブロンに、グラスとショコラがスペシャリテのショップ「Le Roux(ルルー)」を開店。地元の人に愛されるオリジナルの味をつくろうと、ブルターニュの特産品である塩バターを使用した“C.B.S.(塩バター キャラメル)”を考案し、世界で注目される存在となる。その後、東京に3店舗、大阪に1店舗を構え、2011年には世界中から最高のショコラティエが集ま るサンジェルマン・デ・プレにパリ1号店、2012年にはパリのグルメな人々が集まるマルティール通りに2店舗目をオープン。そして、今回、エッフェル塔 のあしもと サンドミニク通りにパリ3店舗目をオープンする運びとなった。新店は、建築家・隈研吾氏、左官技能士・挾土秀平氏のコラボレーションによるもの。フランス の石井真己登代表は、隈氏に「ブランド発祥の地であるブルターニュの自然(コートソバージュ、細かい砂浜、流木)を表現して欲しいと依頼。挾土氏には壁と 床の構想を練る上で参考になればと、ギブロンのビーチの砂を東京へと送ったという。
パリを訪れた際は、ブルターニュ感あふれる同店をぜひチェックして!

« クラフトビールと料理のマリアージュを楽しもう!  | トップページ | ぐっすり眠るための過ごし方を提案 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2035530/58492367

この記事へのトラックバック一覧です: 建築家・隈研吾氏と左官技能士・挾土秀平氏がコラボした:

« クラフトビールと料理のマリアージュを楽しもう!  | トップページ | ぐっすり眠るための過ごし方を提案 »